2013年11月12日(火)

噛むストローク~ピッチ噛みとストライド噛み

カテゴリー : アジア

ニシイマタイムス、香港支局、特派員?より

香港は九龍地区にある、人気のレストラン。

そこで、ある発見がありました。

地元、香港の人たちの食べる姿を観察すると、特に年配の人の噛み方。

一回の噛むストロークが長いのです。

通常奥歯で噛んだあと、すぐには口を開けません、

口を閉めたあと、咬合した状態で、もうひと噛みするような感じ。(その瞬間味わうのかも)

走りにたとえると、ストライド走法、最後にひと伸びする感じです。

対局にあるのが、クチャクチャとガムを噛むような、ピッチ噛み。

(西洋人型と勝手に名付け)

もちろん、このストライド噛み、ピッチ噛みは造語で~す。

よく噛まずに食べることが、胃腸によくないことが叫ばれます。

噛まない子どもに、よく噛みなさいというのもいいですが、

何回噛みなさいと回数を指図するとストレスになるので、

味わって食べなさい、最後、歯を合わせた後に、もうひと噛みしなさい。

そうしたら、おいしい味が出てくるから!

そんなアドバイスがあってもいいのかも。

香港のレストランの一幕。

人を観察すると、食事の文化がわかってくる!?

中国4000年の歴史・・・

ちなみに、香港人でも、若い人は、よく噛んでないそうです。

そこは万国共通でしょうか・・・。

香港のレストランにて

香港のレストランにて