2014年04月19日(土)

条件が違う!

カテゴリー : 患者さんが教えてくれること

以前介護施設でお会いした、おばあちゃんの話です。

長年、お産婆さんとして活躍され、園遊会にも出席されたとか。

その人の話ぶりに興味を持ったので、お産の話を聞いていました。

お産が軽い、重いの違いは何ですか?

何気ない質問ですが、彼女(敬意を表して)の答えはこうでした。

筋肉かなぁ・・・。

筋肉の硬さ、柔らかさ。

大正生まれの女性ですが、そのようなことをおっしゃいました。

そう言えば、知人で、ジムのインストラクターをしている人は、高齢出産でしたが

お産が軽かったと言ってました。

経験から来る言葉には説得力があるのはそうですが、(経験のみの自慢話の類ではなく)

感心して聞いてしまったのは、何かを手がかりに(根拠に)、

研究されて自分なりの答えを持っているところです。

妊婦さんの個々に条件に合わせて、出産に立ち会われてきたようです。

助産師さんとは、その字のごとく、お産を助ける人です。

「失敗がきかん仕事やから」とニッと笑われていました。

もうお会いすることは、ありませんが、「条件が違う」というのがi今も耳にi残っています。