2013年03月30日(土)

沖縄盛りの秘密

カテゴリー : 沖縄への道

沖縄家庭料理を堪能

沖縄家庭料理を堪能

沖縄のおもてなし。

沖縄盛りをご存じでしょうか。

でか盛りとか、紹介されることもあるようですが、

見た目の豪快さは、さておき。。。

もしかしたらこういう意味があるのではという話です。

今回、沖縄の家庭料理をいただくことができました。

皿には、てんこ盛りです。

見ただけでお腹がいっぱいになりそうです。

自分はあっさり味が大好きで、沖縄家庭料理は、口に合い、とっても美味しくいただきました。

その素材は多岐にわたります。今まで食べたことのないものとしましては・・・。

へちまです。へちま? たわしをつくるあの、へちまですが

沖縄料理では、へちまの中身が、網目になる前の若いときのものを食べるようです。ウリですもんね。

あとジーマーミ豆腐。これも絶品!

と、話が料理の方に行きましたが、

どうして、人をもてなすときに、

お皿いっぱいに盛るのかということですが、

それは、貧しい時代があったからではないかということをお聞きしました。

貧しい時代に、人が来たときは、来た人にせめてお腹いっぱいになってもらおう。

布施、ほどこしのこころの名残りかもしれないね・・・と。

沖縄のこと、いろいろ話ながらついつい時間を忘れてしまい、3時間。

沖縄にはまる人は多いと聞きます。沖縄の自然にはまり、沖縄のひとにはまるのだと思います。

さて、沖縄盛りは完食できたかですが・・・

完食しました。不思議なことに、次の日にお腹がもたれないんです。

翌日の朝食は、スーパーで沖縄のコロモの厚いてんぷらを買ってしまいました^^。

※写真は、沖縄盛りをほとんど食べたところで撮りました。この皿いっぱいに盛られてるんです。