2014年04月25日(金)

言わせないよ??

カテゴリー : 治療日記

テーピングなどの固定で、何を抑えているかというと、それは機械的刺激。

メカニカルストレスという、ある動作をすれば痛むことに対して、

皮膚に制限をかけて、関節を痛い方向にいかないようにしています。

痛い!という刺激の回数を減らすことが目的です。

それが物理的な要因だとすれば・・・

もうひとつ大事なことは、痛みを忘れるよう仕向けること。

精神的な要因。

患者さんの話を聞くことは、大切ですが、一方で

「どうですか?」と聞けば、ここが痛い、あそこが痛い、と話しはじめることもしばしば。

そういう方に対しては・・・

頭の中を「体が痛いことに占領されないように・・・」

意図的に、足が良く上がってますね、動きがいいですね。

そのような掛け声のもとに、筋力のトレーニングを行ったりします。

治療院のドアを入って、ドアを出るまで「痛い」ことに触れずに帰す。

痛い事に触れてくれない、冷たい人と思われそうですが、それでもいい場合もあるのではないかと思います。

ないものねだりをやめて、あるもの探しから始めよう!

と偉そうに、年配のひとに向けて言える立場ではありません。

でも痛みのコントロールは必要です。

痛み行動を減らす、体に対するマイナスの表現を減らす。

メンタルトレーナーの世界は知らないですが、(コトバを駆使して)

選手に対してそういうことをしているのではないかと想像します。

そういう能力が治療に必要だとしたら・・・

嫁に言わすと・・・「冷たい人間」「口下手」というレッテルを貼られているんで、失格でしょうか・・・!

でも俺はこういう人間だ・・・?!ですね。