2014年07月30日(水)

滑膜細胞の3つの働き

カテゴリー : 治療日記

その方法は・・・の続きですが

保存的には固定がメインということです。

そうすることで、滑膜細胞の分解酵素の分泌が抑制できる。

そうすると周囲の組織を壊すという働きを抑制できるわけです。

だから、関節炎は痛みを抑えましょうというわけです。

痛みを抑えてあげれば、その周りにいるマクロファージ、これも炎症系の細胞です。

マクロファージの放出する物質も抑制することができる。

ですから、すべて神経がキーを握っているわけです。

くどいようですが、痛みを取るのです。関節の炎症に関しては。

痛みを取ってあげると、分解酵素を放出しなくなります、

同時に関節内の液体も吸収され始めます、なぜかというと、滑膜細胞は3種類います。

1つ目は分泌細胞、2つ目は分解細胞、3つ目は、免疫細胞。

ひとことに滑膜細胞といっても、3種類の役割を司った細胞が関節の中にはたくさんいます。

そして発痛物質がなくなると、環境として整ったと細胞が受け取って、

腫れていたものを吸収する分解細胞が活性化します。淀んだ関節液を吸収します、

それと同時に分泌細胞が新しい滑液を放出します。

そういったことを、関節では行われていて、保存的にやっても軽減されていくわけです。

痛み物質がなくなれば、分解、分泌、免疫の3種類の細胞がバランスをとって、

増えてしまった関節液を吸収して、新しい関節液を分泌する。

関節炎のとらえ方、滑膜細胞がキーです。

※以上、講義ノートでした。