2015年11月13日(金)

骨をホールドする2

カテゴリー : 治療日記

前回のつづきになりますが、

骨が正しい位置に戻ったとして、

それを維持する方法の一つは固定でしたが、

他にもあります。

テーピングです。

キネシオテープは伸縮性があるので、それを筋肉にはる。

骨を動かす原因に、②特定の方向への筋肉の作用がありました。

ですので、原因筋にテープを作用させることで、

骨のホールドにつながる可能性を探る。

 

ただ、皮膚の弱い人には適用できない場合があります。

すべてが思い通りにはいかないのが辛いところですが。

何かできないかと思い、願い、失敗と成功。

試みと修正。。。時に反省。。。

 

 

こちらで開院してもうすぐ3年目になります。

クリニックや接骨院で働いていた頃は、流れ作業のように

次から次へと・・・

一人ではじめて、(初めてと始めての両方の意味で)

日々の患者さんが教えてくれることが増えたような気がします。