2016年03月11日(金)

半月板損傷でも・・・

カテゴリー : 治療日記

熱心に自分の膝に向き合われている男性の話。

レントゲンはもとより、MRIを撮影し、いろんな病院を回ったそうです。

MRIも一か所ではなく、二か所で撮られていました。

時には民間療法で一回数万円の治療費を請求されたこともあったとか。

 

通われているうちに、膝の可動域も拡がり、以前のような痛みが軽減したとのこと。

半月板は、膝を深く曲げた際にロックされ、行き場を無くし(押さえつけられ)

その状態で、膝が捻られると半月板が損傷すると言われています。

膝のロッキングもなく、手術適用でもない方にとって・・・

日常生活や運動での注意で、ある程度スポーツを愛好してもらえたらと思います。

膝の横方向の動揺性を筋肉で保持してもらい

工夫してスポーツに復帰し、楽しんでほしい。

それで、今までどんな運動してきたかを聞いたところ・・・

ジョギングが好きで、特に下り坂は誰にも負けたことがないほど、自信がある。。。

ぴょんぴょん飛ぶように、駆け下りるのが好き。

箱根駅伝??ばりの・・・

そのイメージがあって、あの頃のように、走りたい。

と思われるかもしれませんが、

大丈夫ですよ!パフォーマンスは落ちても、

楽しめるのがスポーツですので。

 

 

 

 

今日は3.11

震災から丸5年が経ちました。

先日はがきで、釜石市の復興イベントの案内が届いておりました。