2017年03月13日(月)

内側側副靭帯損傷

カテゴリー : 治療日記

すごい上手なスノボー好きの方でも、

斜面の状態で、ほんのたまにですが、転ばれることもあるようで。

「久しぶりに転倒した」と言って来院されました。

押さえて痛む場所は、膝の内側、ちょうど内側側副靭帯。

腫脹もあって、歩くのも一苦労。

治療としては、圧迫。

包帯による圧迫の意味は、関節内の腫脹の軽減。

以前紹介した滑膜細胞の分泌を止めること。

もう一つは、テーピング。

これは、再受傷の防止の意味で行う。

膝の横への不安定性は、将来の変形につながりかねない。

皮膚の状態を見て、行うことが大事になります。

ということで、腫れを引かせ、膝の動揺性抑制のため筋力による制御をおこない、

さらに、股関節の可動性にも、つなげてもいいかと思います。

 

もう今年は雪は降らないでしょうが、

滑るという予期せぬ動作で、靭帯を損傷して、

来院された方の一例でした。