2013年03月25日(月)

低周波の落とし穴 マイナス導子にカルシウムイオン

カテゴリー : 治療日記

最近、ブログの内容が、個人的な出来事に終始していますので、治療のことを書きます。

こちらの導入している電気治療器は、

プラス導子からマイナス導子に流れる直流電流方式です。

このような方式であるがゆえに、気をつけないといけないことがあります。

マイナスの電荷には、プラスイオンが流入します。

と、なりますと体の中の問題になるのは、カルシウムイオンです。

石灰化しているところに、このマイナス導子を

置くと、そこにカルシウムイオンが流入するということです。

ですので、痛みが憎悪するというのがあります。

メーカーさんに問い合わせたところ、

同様の内容が返ってきました。

ですので、痛い場所に、マイナス導子をおけばいいというのでは、効果が得れない場合もあります。

局所が石灰化しているかどうかを知る手段も必要になります。

一方で、骨の形成には、マイナス導子をあてるというのが役立つとのことです。