2013年03月19日(火)

耐久遠足          彦根~大垣

カテゴリー : 治療日記

女学校で薙刀

女学校で薙刀の練習
彦根女学校のものではありません。

彦根で治療院を開いて、

地元の人に聞いた話で驚いたことがあります。

彦根に長年住まれているおばあさん、

戦前の遠足のことを聞きました。

現在の彦根西高は、当時女学校だったらしく、

そこに通われていたそうです。

一方、現在の彦根東高は、

当時男子校だったようです。

女学校の恒例行事に、遠足がありました。年に一度、秋に耐久遠足が名物だったそうな。

昭和の始めの頃の話です。

どこを目指すかというと、岐阜県大垣市。

柏原で、昼ご飯を食べて、大垣城を目指す。

その距離は、知らない方がいいですね。

今、遠足というと、バスに乗って、目的地近くで多少歩くぐらいです。まさにバス遠足。

このころの、遠足は、その名の通り、遠い足です。そして、耐久と付くのがミソで。

ちなみに帰りは、歩いて…ではなく、電車だったそうです。

戦争で、この名物行事は、以後なくなったようで。

ここで、終わってしまうと、昔の人は偉かったという、よくあるブログで終わってしまうので、

さらに踏み込んで、挑戦しようか!と書き加えておきます。