2011年05月11日(水)

したたかさと貪欲さ

カテゴリー : ベトナム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中村さんに群がる人々

一期一会。
彼女にとって、人生が変わる出会いというのは大げさでしょうか。

日本とベトナムの架け橋になった中村さんとロアンさんを紹介します。
中村さんは古希を超えるご年齢でも、元気でネアカなひとです。
人を喜ばすことが好きなひとで、特に女の人には優しい。
一方ロアンさんは、ホーチミンのとある若者向けの衣服店でアルバイトをしている地元の学生。

中村さんの旅の流儀と、ロアンさんの思惑が見事にマッチしました。 暇な店に入って、店員(特に女性)としゃべるのが大好きな中村さん。 その理由は、どうせ暇なんだから、しゃべって楽しませてやろうというのが狙いです。

日本語を勉強しているロアンさんは、日本人とみるや積極的に話されます。 彼女にとっては、この出会いは日本語を試す格好の機会だったのかもしれません。

帰国後も連絡をとっていた中村さんとロアンさん。  
下心ではなく、親切心で?
日本語を教え、彼女の日本語の文章を添削し、彼女も日本に対する憧れに似たものを感じたようで。
翌年、なんと日系企業の通訳に就職して、来日することに。
日本での研修期間に、再会し、ご自宅にも招待され、奥様が手料理をふるまわれたとか。
ぶらっと立ち寄った店の客から、日本のお父さんに発展しました。

彼女は、正直に言っていました。 最初、中村さんと再会することは、考えなかったと。
日本人を学校の宿題に利用しようと考えてました。
でも、あまりにも親切にしてもらったことと、日本で再会して東京を案内してもらったこと。
別れるときに、涙が止まらなかったそうです。 その経緯を知っていたので、彼女に日本語を伝えました。
日本のお父さんと別れるときに言ってください。
それが、冒頭の「一期一会」です。

 

コメントをどうぞ

2010年10月08日(金)

細かいことは気にしない

カテゴリー : ベトナム

オートバイの大群

オートバイの大群

地球の歩き方ならぬ道路の渡り方。 道路を横切るとき、初めての人なら、なかなか苦労します。 道路向かいの店に行きたいとき、わざわざ次の交差点まで、行って信号を渡る。 なんて七面倒なことをしていたら、ずいぶん時間と労力がかかります。 ただ、あの大量のオートバイの集団をみると、及び腰になります。 ちなみに、ベトナムの首都ホーチミンの人口800万人、オートバイの台数400万台。 ホンダ製が大半で、セ・ホンダと言えば、ベトナム語でバイクのことだとわかるほど浸透しています。

さて、本題のあのバイクの群れをどうしのぐか?

実は、道路を渡るのは簡単です。 答えは、ゆっくりわたればいいのです。 バイクに注意して走ってわたると余計危ない。 ゆっくり、堂々と。 近づくオートバイの運転手の目を見て、 譲るか、行くかを目で確認しながら。 目くばせしてみるのもいいと思います。

渋滞を引き起こすひとつの原因は、この道路を横切ることにあるのかもしれません。 追突しているバイクや歩行者が軽くひかれているのは、見かけますが 交通量からして、よくあること。 ルールの前に、気にしないというのが、根っこにあるのでしょうか。

コメントをどうぞ

2010年10月08日(金)

ハノイのこどもたち

カテゴリー : ベトナム

20101010

きれいな数字が並びます。

ハノイの子ども??たち

ハノイの子ども??たち

2010年10月10日。
場所は、ベトナム、ハノイ。

ハノイが首都になって1000年。
ミレニアム。

この年のこの週は、ベトナム建国記念日と重なり、街はお祝いムード。
旅がそのときにかちあったんです。なんという幸運。
街へ繰り出すと、通りに何重もの人垣ができて・・・
何が始まったかというと・・・軍隊のパレードです。

チャンクティエン通りのデパート入り口で見ていると、
隣りに、ベトナムの子どもたちが、陣取りました。
チラチラこちらを見て、なんとなく興味津々そう。
お祭り気分も手伝って、通りで売っていたベトナム国旗のシールを買って
子どもたちの顔にシールを貼ってあげました。
案の定あとで、仕返しされましたが。

パレードは、大詰め。
群衆の拍手喝采の中、熱気で、私が滝のような汗をかいていると…
こどもたちは、自分たちが飲んでいたお茶とスイカを差し出してくれました。(涙)
見ず知らずのひとを気遣えるセンス。

ちょっとびっくりしたので、聞いてみました。
年齢は?
トゥウェンティトゥ。

こどもじゃありません、大人でした。
どうなんでしょう。一気に恥ずかしくなりました。

コメントをどうぞ

2010年10月08日(金)

親近感

カテゴリー : ベトナム

「あなた、ベトナムの顔が入ってます?!。」
「あなた、ハノイに住んでいるの。」
異国の地で、こう言われると、なんだか嬉しい気持ちになります。
その土地に馴染んだような、旅の自由を手に入れたと勘違いしてしまいます。
人同士でも気が合うのと同様、その土地にも相性があって、理由はわからないけれど好き。
ベトナムは、そういう印象を持つ国です。
料理なのか、人なのか、景色なのか、猥雑さなのか、
たとえひとつでも、気に入ることがあったら、魅力なのです。

どちらがベトナムの人?

どちらがベトナムの人?

コメントをどうぞ