2015年02月01日(日)

名城さんライブ in 僕らの目の前

カテゴリー : 沖縄への道

一つのきっかけで、そのときのことを鮮明に思い出すことがあります。

沖縄で、出会ったひとが、滋賀県にくるとは・・・

そして、その人をよく知るひとがご近所さんだったとは・・・

NPO法人ふれあいネット恩納で活動されている名城さんが、長浜でライブをすると聞き、

お店に駆けつけました。

そのきっかけは、ご近所さんが、今回のライブがあることを教えてくれたのでした。

旅の恩もさることながら、また沖縄のうたが聴けて、うれしかったです!

沖縄には、1度だけしか行ってません。でも、また行ってみたい場所であり、きっと行くであろう場所です。

ここに多くの方が集われ、沖縄には、いい思い出がある方が多いのかも。

ということで、思い出すのは・・・

一つ:恩納村で、結婚式を挙げたこと。

二つ:その日は雨だったこと、そして翌日は快晴だったこと。

三つ:うらめしい雨を名城さんは、

「いいじゃないですか・・・雨降って地固まるで・・・。」と言われたこと。

ついでに:

名城さんに、わざわざ案内してもらって買った三線は、いまだ弾いたことがないという事実(嫁)。

ケースからも出ていない

そして、今:

生まれた娘が、今宵、名城さんの三線と歌を聞いて、小さな手で手拍子をとっているという光景。

(たぶんわかってないとは思うけど、もしかしたら感激しているのかも)

家族にとって思い出深く、楽しい夜になったのでした。

Jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

2013年03月31日(日)

ハマる味亀

カテゴリー : 沖縄への道

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宜野湾市のスーパーにて

スーパーの買い物かごの中に、

なにか素朴なパッケージのお菓子がありました。

地元の人が通うスーパーで、地元の人が買うお菓子を。

沖縄の代表的なお土産といえば・・・

ちんすこう、紅芋タルト、泡盛といろいろあるようです。

そのような王道を外し、

自分のおすすめは「味亀」です。

この揚げ菓子をお土産にしました。

しょうゆと砂糖味のせんべい。

食べた瞬間は、甘みがあり、それからしょう油の味に変わります。

よく食べられている菓子かは知りませんが、実に気にいりました。

ビールのおつまみとか、こどものおやつにピッタリというふれこみ。

オリオンビールと味亀が、彦根のどこか居酒屋にあったなら、

ついつい足を運んでしまうかもしれません。

これが味亀です。。。

これが味亀です。。。

コメントをどうぞ

2013年03月30日(土)

沖縄盛りの秘密

カテゴリー : 沖縄への道

沖縄家庭料理を堪能

沖縄家庭料理を堪能

沖縄のおもてなし。

沖縄盛りをご存じでしょうか。

でか盛りとか、紹介されることもあるようですが、

見た目の豪快さは、さておき。。。

もしかしたらこういう意味があるのではという話です。

今回、沖縄の家庭料理をいただくことができました。

皿には、てんこ盛りです。

見ただけでお腹がいっぱいになりそうです。

自分はあっさり味が大好きで、沖縄家庭料理は、口に合い、とっても美味しくいただきました。

その素材は多岐にわたります。今まで食べたことのないものとしましては・・・。

へちまです。へちま? たわしをつくるあの、へちまですが

沖縄料理では、へちまの中身が、網目になる前の若いときのものを食べるようです。ウリですもんね。

あとジーマーミ豆腐。これも絶品!

と、話が料理の方に行きましたが、

どうして、人をもてなすときに、

お皿いっぱいに盛るのかということですが、

それは、貧しい時代があったからではないかということをお聞きしました。

貧しい時代に、人が来たときは、来た人にせめてお腹いっぱいになってもらおう。

布施、ほどこしのこころの名残りかもしれないね・・・と。

沖縄のこと、いろいろ話ながらついつい時間を忘れてしまい、3時間。

沖縄にはまる人は多いと聞きます。沖縄の自然にはまり、沖縄のひとにはまるのだと思います。

さて、沖縄盛りは完食できたかですが・・・

完食しました。不思議なことに、次の日にお腹がもたれないんです。

翌日の朝食は、スーパーで沖縄のコロモの厚いてんぷらを買ってしまいました^^。

※写真は、沖縄盛りをほとんど食べたところで撮りました。この皿いっぱいに盛られてるんです。

コメントをどうぞ

2013年03月30日(土)

恩納村の三線教室で島唄を熱唱

カテゴリー : 沖縄への道

異色のコラボ??

異色のコラボ??

濃い顔と沖縄らしいいで立ち。

そのとなりの白シャツの男の歌は、

常に半テンポずれています。さらに音程もずれています。

♪ デイゴのはながさ~き~風をよびあらしがきーた ♪

三線のうまい人は、多いようですが、

歌もできる人はすくないと聞きます。

一方、三線ができず、歌もいまひとつ「^^」の私が、果敢に沖縄芸大出身のプロに挑みました。

「いっしょに歌いましょう!」・・・。

このセッションで、はじめて自分の声が、本来の歌と、大きくずれていることに気づきました。

当たり前ですが、名城さん(NPOふれあいネットONNA事務局長)は、

わたしの下手な歌につられることはないです。

かといって自分が名城さんの歌に、つられることもないです。

 
(つられてほしいところですが…)

♫ わたしのあ~い~を~ ♫

曲が終わった瞬間「参りました!」と頭を下げました <m(__)m>

こちらのNPOでは、修学旅行生や一般の人を対象に、恩納村でのふれあいを企画されています。

わたしは、今回「三線教室」に参加しました。

懇切丁寧に三線の指導してもらって、さらに大好きなビギンの「島人ぬ宝」を弾いてもらい、

名城さんの本業の琉球古典音楽「恩納節」まで披露していただきました。

名城さんが、唄三線で恩納節をされる姿は、

体全体はピクリとも動かず、手首とかすかに口元だけが動くだけです。

その姿のままで、唄と三線が進んでいきます。

まるで船頭が、静かな海で、船を漕ぐように。

恩納村で、出会った楽しくて、うれしい人の紹介でした。

是非、沖縄恩納村に行かれたときは、こちらを訪ねてみてください。

コメントをどうぞ

2013年03月29日(金)

村吉茜さんライブ IN ぼくらの目の前

カテゴリー : 沖縄への道

YOU TUBEで彼女のライブ映像を見て、

歌いに来てもらえないか 連絡しました。

「非戦」「ふるさと」が、ぐっと心に来まして。

今回ブログで紹介するのは 久米島出身の沖縄民謡歌手、村吉茜さんです!

わたしたちの無茶な選曲やお願いに快く応じてくださいました。

三線の「さ」の字も知らない私が、紹介しますと・・・

彼女の三線を押さえる左手は、人差し指を支点に、びゅっと手が開いたり、閉じたり、

その手さばき(そういう表現するかは不明)に見とれてしまいます。

というか聞き惚れてしまいます。。。

というのは、you tubeを見ての感想で。

実際のライブでは、わたくし、単にはしゃいでおりました^^・

やっぱりライブは、いいですね。

この場所で、みんながいる中で、彼女の沖縄の唄が聴けてホントよかったです。

曲の途中で、カチャーシーも教えてくださいまして、

これまた、みんなで踊れるから一体感ができて。

こういうことを「かりゆしの夜」というのですね。きっと。

「唄を通してたくさんの人に出会えることを嬉しく感じる」

茜さんは、すでにデビューされていて、アルバムを出されています。

もちろん、これからの村吉茜さんを応援していきます!!

コメントをどうぞ

2013年03月28日(木)

レンタル衣装体験 琉球衣装普及宣言!

カテゴリー : おすすめの店 , 沖縄への道

艶やかな衣装に魅せられて、またその人柄に共感して。

今回ご紹介するのは、琉球衣装を貸し出しておられる、アゴラプラン沖縄さんです。

琉装という言葉も、こちらで発案されたとか、それもそのはず、その琉装の歴史をHPで紹介されています。

衣装のことに造詣が深く、ひと一倍こだわりがあるからこそなんだと思います。

衣装のレンタルするところは、数あれど、その衣装に詳しいかどうかは、すべての店がそうとは限りません。

着物のことを知り、着ることもまた文化で。

自分で着れるというところが、琉装の魅力です。

今回は、着付けをお願いしましたが、熟練というか慣れてくると自分で着れるようになるとのことです。

しかし着付けの手際の良さは、只者ではありませんでした。

何が言いたいかというと、私の体型はやせているのですが、

それでも似合うように着せてくれるのです。

(似合っていたかは別ものでした^^。)

琉装をレンタルしようとして、たまたま電話をかけたのが、こちらなんですが、

琉球舞踊の話も聞けて、衣装レンタル以上の価値がありました。

こちらのページで、琉球衣装の紹介と、

記念日に、”琉球衣装を着てよかった!”宣言致します。

詳しくは、HPもしくは問い合わせてみてください。

http://www.okinawa-geinou.com/

13aok0219_0699

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ