2019年02月21日(木)

バトンパス

カテゴリー : 治療日記

ことし、はじめてのブログは

私的な出来事から。

うちのおばあちゃんが先月22日なくなりました。

享年103歳。

 

大正、昭和、平成、次の元号には、届かなかったけれど。

 

年頃のころは、昭和恐慌。

そんな時代。

四国の徳島生まれのばあちゃんは、丁稚奉公で神戸へ。

同じくして、滋賀生まれのじいちゃんは、丁稚奉公で神戸へ。

 

私の知っているおじいちゃんと違って

若いころコックをしていたじいちゃんは、

上司同僚とぶつかり、

仕事を転々としたらしい。

4人の子どもを連れて、

じいちゃんについていくしか、選択肢はなかった時代。

 

思いがけず上の兄がなくなり

じいちゃんは、滋賀の実家を継ぐことに。

当時、家財には赤紙が張られていたとか。

《今でいう差し押さえ》

 

ばあちゃんにとって

見ず知らずの土地で、姑さんとの生活。

よそ者扱い。

 

苦労は絶えなかったとしても、

一方で、どこか憎めない、図図しいとこがあったのも確か。

わたしのいちばんの記憶は、

小学生のときに、つくってくれたコロッケ。

バクバク食べて喜んでたら、いっぱい揚げてくれたのが思い出。

 

そんなことを思いながら、お葬式に参列していました。

 

娘が 「もっと、おおばあちゃんとしゃべりたかった。」

といってくれて。

ちいさくとも、それとなく伝わってるのかなと。

 

 

わたしがすべてを歩みきって

すっからかんの空き瓶になったそのときは

 

今週末は、ばぁちゃんの四十九日の法要を迎えます。

 

野狐禅 「シーグラス」・・・

 

 

 

コメントをどうぞ