2013年01月28日(月)

好きだからできること

カテゴリー : おすすめの店

3604_299344523510030_600910392_n

高校生に税金の話 ~社会は公平にできてると思う?~

その職業たるや、その職業のイメージがつきます。
実際そうではないのにそんなイメージがつきまといます。
税理士さんは、どんなイメージでしょうか。
今回ご紹介する原さんは、税理士をしながら農業をされています。
税理士業では、ときには、高校生相手に税金の講演をしたり、ときにはラジオに出演されることもあるようです。
机に向かって、数字と格闘するイメージは、お会いする限り持ちません。

税金のことを知ってもらって、しっかり払ってもらえればという意識から
言葉は悪いですが、あまり実益のないことを率先して引き受けているようです。

さて、原さんのもう一つの顔が今回のおすすめのお店です。
大中〈だいなか〉(近江八幡市)で、冬には、かぶら大根を出荷されています。

夏になるとスイカ、もちろんお米も取り扱っています。
地域地産で、食べる食材、地域のことを知ってもらって、
そこで採れるものを食べてもらうという意識。

税理士であっても農業であっても、社会の一員であること。

その職業で社会にどう貢献できるか。
原さんには、税理士業と農業の垣根はないような気がします。

聖護院かぶら

聖護院かぶら