2010年10月06日(水)

微笑みの国

カテゴリー : おすすめの店

応対してくれたホンさん

応対してくれたホンさん

海外編

微笑みの国、タイ。
場所は首都バンコク、シーロム通り。 タイの宮廷料理がふるまわれるお店。
ブッサラカム。
宝石の名前がつけられている高級な店に、馬鹿な日本人が入ろうとしていました。

店の前で、考えました。この扉を開けるべきか、あきらめるべきか。
危ぶむことなかれ、危ぶめば道はなし。
ポケットの中に、250バーツ。日本円で1000円ほど。

水曜の夜。中に人はほとんどいません。 内装はきらびやか。
つまり、料理の値段が高いことは、目に見えているわけで。
そんな高級店に、短パンとTシャツの私が入るには、場違いなことも確か。
私を応対したのは、Hongさん。 正直に彼女に伝えました。
手持ちは、これだけです。食事はできますか?

「もちろん」と笑顔で言われ、テーブルに通されました。
水はフリーだからと、気を遣われ、料理も予算に応じたものをアレンジしてくれました。
「いっぱいのかけそば」ならぬ「一皿のタイビーフン」
奥の個室から、高価な時計を身につけた人が通り過ぎていくのを見かけました。
やはり、このレストランはそういう場所なんですね。

財布に余裕があれば、是非。 このお店facebookでチェックできます。