治療内容

治療のステップ

  • 治療方針の説明(初診時)

    肩こり症状、腰痛症状、膝痛症状、それぞれの問診票を記入していただきます。
    それをもとに徒手検査、治療方針を立てます。
    それぞれの関節の特徴と痛みを起こしやすい場所、動きをよくするために何を行うかを事前に説明します。
    動かさない方がいいときは、固定をお願いしています。

    step1

  • 温熱療法

    ホットパックで患部を温めます。
    筋肉の緊張の軽減と鎮痛をはかります。
    炎症症状の強い時には、行いません。

  • 電気治療

    直流電流形式の高周波治療器を採用しています。
    高周波には利点があり、周波数を変えることによって、筋肉の浅い層から深部の層までカバーできるのではという考えからです。
    筋肉を傷めた場合、それが表層の筋肉なのか、深層の筋肉なのか。
    周波数を変えることによって、治療効果を高めます。

  • 徒手治療

    施術は、手で行います。
    関節にアプローチして、本来の動きを取戻します。
    施術前と施術後の変化を体感ください。

  • 治療内容の説明と治療後のケア

    体の機能を取り戻すために、運動の必要性があります。セルフトレーニングは、続けてほしいことです。施術後にお伝えしています。1つでもいいので覚えて帰ってもらいたいです。
    また、お帰りのときには、運動方法の紙をお渡ししています。

  • 治療内容トップ
  • 治療のステップ
  • 高周波治療器
  • 注意して欲しいこと